織田学園 >  コラム >  ファッション・きもの関係 > 着物の着付けに必要なもの

検索結果

着物の着付けについて

普段着物に接する機会が少ない人は、着付けを難しく考えがちです。
確かに手順に複雑な面もありますが、元々は日常の衣服だったわけですから、慣れてしまえばそこまで身構える必要はありません。
まずは着付けに必要なものと使い方を知ってみましょう。

着物を着る時に必要なもの(着物・帯以外)

洋服の場合、服の方にあらかじめボタンやダーツ、ファスナーが付いていますが、着物は、身体に合わせて調整しながら着付けるため、どうしても小物が多くなります。
 
[下着について]
・肌着(肌襦袢)
一番下に付ける下着です。(女性の場合、中に和装ブラジャーをつける場合もあります)ガーゼなど綿素材のものが多く、家庭でも洗うことができます。
 
・長襦袢
肌着と着物の間に着ます。着物の滑りを良くし、保温などの役目もします。着物本体と色や袖丈を合わせて仕立てるのが普通です。
 
・半襟
長襦袢の襟へ縫い付けて使う替衿です。着物の衿汚れを防ぐ役目と、着物とコーディネートさせて楽しむお洒落目的で使われます。色・柄・素材も数多く揃っています。
 
・襟芯
襟元をピンと張らせるために半襟の中へ入れる芯です。着物は、衣紋(後ろ衿部分)の抜き方が着こなしの重要なポイントになるため、襟芯を入れて衿の形を整えます。
 
・足袋
和装用の靴下です。こはぜと呼ばれるホックで留めます。女性の場合は、膝までの和装用ストッキングを足袋と組み合わせて着用することが多くなっています。
 
[小物について]
・腰ひも
着物を着付ける時に使う、下締め用のひもです。女性が着物をおはしょり(着丈調節のために腰あたりを折り返すこと)にする際の締めひもに使います。肌襦袢の着付けに使う場合もあります。
 
・伊達締め
幅の広い(8~10㎝程度)締めひもです。伊達締めで締めると、長襦袢や着物が着くずれしにくくなります。近年は伸縮性のあるマジックベルトもよく使われます。
 
・帯板
帯のすき間に差し入れて、帯の前面を形良く見せ、帯にシワが寄るのを防ぎます。帯の間へ入れるので薄手で張りがある通気性の良い物が好適です。
 
・帯枕
帯をお太鼓結びなどにする際、帯を高く持ち上げ、膨らみをつけるためのものです。細い紐が付いており、前でしばって帯を固定させます。
 
・帯揚げ
帯枕を包んで見えなくすると同時に、お洒落目的にも使います。帯や着物と色を合わせたり、差し色にしたりしてコーディネートするなど、着こなしのアクセントになります。
 
・帯締め
結んだ帯が崩れないようにしばるベルトの役目。着物のお洒落のポイントになる小物です。「帯留め」と呼ばれるアクセサリーを取り付ける場合もあります。
 
[あると便利な着付け小物について]
・コーリンベルト(着付けベルト)
両側についたクリップを表襟と中衿に付けて、襟元が着崩れないように留める器具です。
 
・着付けクリップ
着付けの途中で着物と長襦袢の襟がバラバラにならによう、後ろ衿に噛ませておくクリップです。

下着や小物を選ぶ時のポイント

肌着(肌襦袢)、腰ひも、帯枕、襟芯、帯板などは人目につかないものなので、着心地や使い勝手優先で選びます。逆に、半襟、帯揚げ、長襦袢、足袋など、何かの動作で人目につくものは、着物との調和を大切に。長襦袢と着物の袖丈や色が不揃いだと野暮になります。
 
足袋はお洒落の大事なポイントですが、格式の高い場所では白が基本。改まった席には真っ白な足袋で座敷へ上がれるよう、道中は足袋カバーを用意するなど配慮も大事です。
 
 
着物を着る時には、さまざまなものが必要。それぞれの役割と、選ぶポイントを押さえて必要なものから揃えてみましょう。着物は、T.P.O.に合わせて素材や色が制限される場合も多いので、品選びに迷ったら、呉服店や和装ショップで相談するのもおすすめです。


織田きもの専門学校体験入学では小物製作と着物着付を体験することができます。
浴衣や振袖、アンティークきもの等、実際に身につけてみることで着物の良さを感じることができます。

体験入学には何度でも参加できます。「きもの」を楽しみながら、実際の授業の雰囲気を感じてください。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp