織田学園 >  コラム >  調理・栄養・製菓関係 > パン職人の技術を専門学校で学ぶ

検索結果

パン職人の技術を専門学校で学ぶ

パン職人(ブーランジェ)に必要な資格

パン職人になるのは難しいのではないか? と思っている方もいらっしゃいますが、パン職人には特に学歴は必要なく、義務教育を卒業してパン屋や工場の採用試験に受かれば、就職して現場で働くことができます。
パン職人として働くには特に資格も必要ありませんが、パン製造技能士といった資格もありますので、資格にこだわる方はもちろん取得しておいて損はありません。身についている知識の証明書としては有効だと言えるでしょう。

では、実際にパン職人になるにはどのような道があるのでしょうか。
コラムパン職人

憧れのパン職人になる方法

パン職人になる方法としては大きく以下の3通りのケースがあります。

1.パン屋で修行する
「学校に行くための時間や経済的な余裕がない」、「現場で修行して早く一人前になりたい」という人は、専門学校には行かずにパン屋に就職して下働きからスタートしてキャリアを積み、一人前のパン職人を目指すというケースがあります。
2. 独学でパン職人になる
最初は趣味で始めたパン作りを仕事にし、自宅などで開業したというケース。
3.専門学校で学ぶ
一般的には高校を卒業して全日制の専門学校に通うのですが、最近では社会人からパン職人を目指す方が土日など休みの日だけ専門学校に通い、パン作りを学ぶケースもあるようです。

パン職人になるには特別な資格や学歴は必要なく、必ずしも専門学校に通わなくてもなれますが、実際に一人前の職人となるためには様々な知識や技術が必要となり、それを独学で身につけるのは非常に困難です。
また、自分で店を持った場合、繁盛店にするためにマーケティングの知識なども必要となります。
有名なパン屋で働きたくてもそれらの店の求人は主に専門学校に出されるので、個人で修業として就職するのも困難です。

このような点を踏まえると、パン職人として社会で活躍するためには専門学校で技術を身につけた上で就職をするのが一番確実で、しかも結果的に近道だと言えるかも知れません。

織田製菓専門学校の「ベーカリー&スイーツコース」と織田調理師専門学校の「調理製菓製パン科」ではパン職人になるための基礎をしっかりと学び、知識を身につけることができます。
もちろん、就職についても強力にサポートしますので、希望の就職を実現することも夢ではありません。
パン職人を目指す方はまずはお気軽にお問い合わせください。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp