織田学園 >  コラム >  調理・栄養・製菓関係 > 「食育」の場で活躍する栄養士

検索結果

「食育」の場で活躍する栄養士

子どもを取り巻く社会背景と「食」

食の重要性が社会的にクローズアップされている近年、幼稚園や保育園などにおける「食育」は、幼児教育の1つの大きな柱となりつつあります。
最近では、栄養の摂取が偏っていたり、朝食を食べないなどの傾向や、過食による肥満など、子どもを取り巻く食生活の乱れが問題となっています。

そうした現状をふまえて、政府では平成17年に食育基本法を制定し、以降は国を挙げて子どもの食育に取り組む姿勢を見せています。
そんな活動の中心となるのが、栄養学の専門家である栄養士です。

栄養士は「食育」のメインサポーター

「食育」の意味は一つではありませんが、「食べること」がすべての人々に共通して「生きること」につながる行為である以上、「食生活」を豊かにすることは誰にとっても望ましいことです。また、乱れた食生活が引き起こす健康への様々な悪影響は、社会的にも大きなロスとしてとらえられるようになってきました。

一人ひとりが食べることの意味を理解し、自分自身のために責任を持って正しい食生活を営むことができるようにすること。その力を育むサポート役となるのが、食育における栄養士の大きな役割でしょう。

さらに食育では、個人だけでなく地域や社会全体で食生活の重要性や意義を考え、「正しく食べること」で子ども達の健やかな成長を支え、活気あふれる社会を目ざすものです。

食育を通じて子どもの健康を支える

幼稚園・保育園から小学校までは、子どもの体が大きく成長する時期です。
この時期に、必要な栄養を正しく摂ることは、心身の正常な発育のための基本ですが、近年は両親が多忙で留守がちで、十分に監督の目が行き届かないなどの事情から、様々な問題が表面化しています。

いつも子ども独りで食事をする「孤食」の習慣や、好きな物ばかり食べる偏食ぐせなどは、今や周囲の大人のサポートが必要な事態に進展している例も聞かれます。

家族などと楽しく食事をすることは、他者とのコミュニケーション能力を育むのに欠かせない習慣です。
幼稚園や保育園等の教育・保育の現場での栄養士は、時代に特有の問題をも正面から捉えて、栄養管理と食生活指導の両面を支える、縁の下の力持ちとしてなくてはならない存在なのです。

子ども本人に対する食生活指導はもちろん、保護者に対する「幼児食講習」や家庭での食事に関する講話など、その活躍の場は広がっています。

多摩市に「おだ認定こども園(幼稚園・保育園)」を運営する織田学園は、常日頃から「食育」の重要性や意義を実感として感じています。
園では1976年の幼稚園開設当時から完全給食を実施し、子ども達に整った食事を提供してきました。

また、幼稚園や保育園等の子ども向け給食の現場への就職を志望する学生の数は多く、例年人気の業種でもあります。

織田栄養専門学校には、社会で必要とされる人材を養成することに関するノウハウが豊富に蓄積されています。


学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp