織田学園 >  支援制度 > 学費サポート

検索結果

学費サポート

各種制度について

進学する意思がありながら、経済的な事情で、進学を断念しないですむように、進学支援のための経済的サポート体制は、今世の世の中にいろいろな形で存在しています。「自分でお金を用意して進学なんてとても考えられない。」と、あきらめることはありません。自分自身で自ら進路を選び切り開いていくことが可能なのです。あなたの未来ののために、なんとか進学したいという夢をぜひとも実現させましょう。それでは、実際どのような方法・制度があるのか紹介しますので、参考にしてみてください。

入学前から借りたい場合は?[進学ローン]

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

学校納付金(入学金・授業料など)、受験にかかった費用(受験料・交通費など)、アパートの家賃など、教科書代・学習用品費・パソコン購入費・通学費用・国民年金保険料などに幅広く利用することが出来ます。
融資額
返済期間
利率
350万円以内
15年以内
年1.90%(平成28年5月10日現在)
*母子家庭・父子家庭、または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は利率年1.50%(平成28年5月10日現在)
*詳細については、入学相談課へお問い合わせ下さい。資料をお送りいたします。

入学後から借りたい場合は?[奨学金]

日本学生支援機構(旧 日本育英会)奨学金制度

・対象:在学生(2年課程のみ)
・貸与月額
<第一種>(無利子)
自宅生 30,000円/53,000円(月額選択)
自宅外生30,000円/60,000円(月額選択)
<第二種>(有利子)
3万円・5万円・8万円・10万円・12万円 から希望月額を選択できます。
※各高等学校では在学中に予約採用を実施しています。詳しくは高等学校の先生にお問い合わせ下さい。
→日本学生支援機構

東京都育英資金(無利子)

・対象:東京都在住の在学生
・貸与月額:53,000円(2016年4月現在)
→東京都育英資金

各自治体独自の貸付制度

独自の貸付制度を設けている自治体が数多くあります。詳しくは、各市区町村役場、社会福祉事務局へお問い合わせ下さい。

教育訓練給付制度について

働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的とした制度です。本校では、下記の3講座が対象となります。
拡充された教育訓練制度の詳細ページはコチラ

対象講座

昼間部調理師科(12ヵ月)/夜間調理師科(18ヵ月)
栄養士科(24ヵ月)

受給資格と給付金受給額

・雇用保険被保険者で、被保険者であった期間が通算して3年以上の方。
・対象講座を受講し、修了(卒業)された方に10万円の給付金が還付されます。
入学を希望される方は、条件を満たしているか必ずハローワークにて「教育訓練給付金支給要件照会」を行なってください。照会結果は「教育訓練給付支給要件回答書」によって確認ができます。この回答書(コピー可)を出願時、または入学までに学校に提出ください。

対象講座

教育訓練を受講した本人が受講終了後(卒業後)、本人住所を管轄するハローワークにて、支給申請手続きを行ないます。支給申請手続きは受講修了日(卒業日)から起算して1ヵ月以内に行ないます。これを過ぎると申請が受付けられません。給付制度に関する条件等は変更されることがあります。ご不明な点等、詳細につきましては、厚生労働省のホームページまたは最寄のハローワークか下記までお問い合わせください。
→厚生労働省 教育訓練給付の支給申請手続について
学校法人 織田学園 入学相談課
宛先
〒164-0001 東京都中野区中野5-32-8
TEL
03-3228-2111