織田学園 >  支援制度 > 教育訓練給付制度

検索結果

拡充された教育訓練給付制度を利用可能

厚生労働省「専門実践教育訓練指定講座」指定講座

教育訓練給付制度
2014年10月より制度が変わり、織田調理師専門学校の【調理師科】と織田栄養専門学校の【栄養士科】は新たに制度化された【専門実践教育訓練指定講座】となりました。
これにより、従来の教育訓練給付金制度から大きく拡充し、利用者により有利になった新たな給付金を申請することができます。
専門実践教育訓練給付金は、厚生労働大臣の指定を受けた講座で専門的・実践的な教育訓練を受講する際に、その経費(学費)の40%(年間上限額32万円)にあたる給付を最大3年間受けることができる制度です。
eiyo64man
織田栄養専門学校の【栄養士科(2年制)】では1年目、2年目共に年間上限32万円が該当し、2年間で最低でも計64万円の専門実践教育訓練給付金の受給申請をすることが可能です。
また、卒業後1年以内に資格取得などをし、卒業後1年以内に就職につながった場合には、訓練費用(学費)の20%が追加支給されます(追加分の上限年額16万円)。
この時、本校の場合は最大で2年間で96万円の受給申請が可能となります。

織田栄養専門学校の資料を請求

cook32man
織田調理師専門学校の【調理師科(昼1年制)】では年間上限32万円が該当し、最低でも計32万円の専門実践教育訓練給付金の受給申請をすることが可能です。
また、卒業後1年以内に資格取得などをし、卒業後1年以内に就職につながった場合には、訓練費用(学費)の20%が追加支給されます(追加分の上限年額16万円)。
この時、本校の場合は最大で48万円の受給申請が可能となります。


織田調理師専門学校の資料を請求
さらに支援金もあります
教育訓練支援給付金
失業状態で専門実践教育訓練を受ける人をさらに支援するため、雇用保険の基本手当の半額に相当する額を支給する制度です。日額を累計した額が受講期間に応じて2か月ごとに支給されます。
【対象となる方】
入学時点で45歳未満の方。
【対象講座】
昼間部に限られ、織田学園では【栄養士科】【調理師科(1年制)】が該当します。
*その他の条件等については、ハローワークの「支給要件照会」でご確認ください。

教育訓練給付制度利用上の注意