ファッション業界の職種

洋服の制作に携わる職種

ファッション業界の職種というと、すぐ思い浮かぶのは、デザイナーやショップスタッフといったところではないでしょうか。
これは1つの服が私たちの所に届くまでの最初と最後に関わる職種ですね。

実際にはその途中にはさまざまな職種が関わってきます。また1つ1つの職種の仕事も多岐に渡っています。
まずは1つのアイテムができるまでに関わる制作の職種から見ていきましょう。

「ファッションデザイナー」は洋服などのアイテムを企画・デザインする職種です。
企画・デザインと一口にいってもその内容は細かく、デザイン画作成、縫製の仕様書や指示書制作、素材の選定、メーカーへの指示、サンプル依頼や修正、コストの交渉、納期の管理、パタンナーへの指示など、たくさんあります。

「パタンナー」は、ファッションデザイナーが描いたデザイン画をもとに、布地の裁断に必要な型紙を作る仕事です。着心地の良い洋服に仕上げるため、立体的な形で型紙を起こします。
デザイナーのイメージを実際の形にするのはパタンナーなので、最終的な製品の良し悪しにも大きく関わる職種です。
近年はコンピュータ化が急速に進み、サイズの展開等も含め、CADを利用する場合が増えています。

洋服の販売に携わる職種

次に流通・販売に関連する職種です。

アパレルメーカーや百貨店、量販店に所属することが多いのですが、フリーで行っている人もいます。

「MD(マーチャンダイザー)」は、商品企画・開発から販売計画、予算管理などをトータルに管理する仕事です。
マーケティングを行ったり、 売り上げ動向を分析したり、新商品の企画を立て、開発後には販売促進も行います。

「バイヤー」は主に商品の仕入れを行う職種です。
売れ筋の商品を見極めて買い付け、値段や店に並べるレイアウトなども行います。

また、商品アイテムの「生産管理」や「在庫管理」という職種も重要です。
季節や流行に左右されるファッションは、効率的な生産、管理が必要です。
また、在庫量を把握して、在庫切れ、または過剰な在庫をなくし、品質保持することが重要だからです。

「販売職」は、店舗ごとに異なりますが、マネージャーや店長、スタッフなどの役職があり、店頭に立ち、接客、商品の販売から在庫管理、ディスプレイ作りを行います。

この他に、広報や宣伝(プレス)や、ファッションコーディネーターなどの仕事も重要です。
1つのファッションアイテムが制作されて流通・販売されるまでには、じつにさまざまな人、職種が関わっているのです。


織田ファッション専門学校では、「服作り」を学ぶ【服飾専門課程】ファッションデザイン科・ファッションテクニカル科と、「ファッション流通」を学ぶ【ファッションビジネス専門課程】スタイリスト科・ファッションビジネス科を設置し、ファッションに関わる様々な職種に対応した人材を養成しています。

毎月実施している体験入学は各日程に服作りとファッションビジネスの両コースを用意して開催しています。
体験入学はお友達、保護者の方、学校の先生と一緒の参加も大歓迎ですので、お気軽にお申し込みください。織田ファッション専門学校体験入学のご案内

学費や入学に関してのお問い合わせも随時受け付けておりますので、ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp