パタンナーの仕事について

パタンナーの仕事内容とは

洋服を作るのは一般的にファッションデザイナーであると思われているようです。
しかし、「商品」としての洋服を作る上ではパタンナーの役割は必要不可欠で、とても重要なのです。

パタンナーは、デザイナーが描いたデザイン画をもとに、人が着られる立体的な構造をともなったリアルな形に起こし、パターン(型紙)にしていくのが仕事です。

デザイナーは紙の上に自分の理想とするデザインを描くことが主な仕事ですが、パタンナーの場合は実際の着用時のフィット感や全体のバランスなどを計算しながら型紙(パターン)を作図する必要があり、その出来が直接「着心地」に影響する仕事です。

パターンは言わば「洋服の設計図」であり、そのパターンをもとに生地が細断されたり各パーツが作られていくので、服作りの工程の中でもとても重要な部分です。
作図の方法は、従来の手書きによる作図と、CADを用いた作図とがありますが、年々CADを利用するパタンナーが増えています。

もちろんパタンナーもデザイナーと同様にイメージ力が求められますが、パタンナーはデザイナーとは多少異なり、頭に浮かべるイメージは非常に多面的で細部にわたります。
その服を着た状態で座ったり走ったり手を高く上げたり....あくまでも「着心地」を考えた完成イメージを頭に浮かべながら、作図に工夫をこらしています。そこには、センスや発想力はもちろん、何よりも技術力が必要です。

設計図として少しの誤差も許されないパターン製作が求められるパタンナーの仕事は、経験と知識、そして技術力がなくては全うできないのです。


その点で、本当に我々が身に着ける洋服を作っているのはパタンナーだと言えるかも知れません。

パタンナーになるには

パタンナーになるには、特別な資格は必要ありません。
必要なのは「正確なパターンを作図できる技術」ですので、学生時代にどれだけ真剣に技術を磨いたかが後々問われる職種だと言えるでしょう。
多くのファッション系専門学校ではCADパターンも学ぶことが出来るので、将来を見据えてしっかり技術を身につけておくことが大切です。

財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する「パターンメーキング技術検定」という検定試験がありますが、この検定を取得しておくことで、自分の身についた技術を客観的に証明することが出来ます。
多くのファッション系専門学校ではこの検定の受験を推奨していますので、出来るだけ上位の級を取得しておけば、就職活動の際にエントリーシートや履歴書でアピールすることができます。

またパタンナーの仕事はデザインを型紙に起こす技術だけでなく、デザインのあらゆる工程や仕組みについて、基礎から理解しておく必要があります。
デザイナーの意図するデザインを現実の洋服にするために必要な技術を総動員しなくてはならないのです。

またパタンナーとして一人前になるには一般的に長い年月を必要とするので、気長にモチベーションを維持しながら勉強できる人、あるいはコツコツ前向きな作業を行える人が向いていると言えるでしょう。
現状に満足せず「もっと上手くなりたい」と技術向上を目指し続けることが、パタンナーとしてのキャリアアップには重要な要素です。

織田ファッション専門学校のファッションテクニカル科ではドレーピング(立体裁断)をはじめとした高度なパターン技術や最先端のCAD技術など充実したパタンナー養成カリキュラムを設け、技術指導にあたっています。
その結果、複数の学生がパタンナー職として大手アパレル企業の就職内定を得ています。
また、多くの卒業生が現役パタンナーとして様々なブランドの服作りを担っています。
パタンナーという仕事に興味を持たれた方はまずはお気軽にお問い合わせください。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp