栄養士のやりがいについて

病院栄養士の仕事とやりがい

日常の食事とは異なり、病院での食事は治療の一環です。
病院での食事は大きく分けて一般食と治療食が作られています。
一般食は、いわゆる普通食(常食)だけでなく、消化しやすくした流動食や軟食、妊産婦食、産後食などがあります。
治療食には、エネルギー、タンパク質、脂質などを調整したコントロール食やアレルギー除去食があります。
病院の栄養士は、患者さんの食事能力や栄養状況、治療内容に応じてこれらの様々な形態の食事を想定したメニュー作りをすることが仕事なのです。
また、最近では、チームで患者の治療にあたる「チーム医療」という考えが一般的になってきていますが、食事や栄養の観点でも同様に、「栄養サポートチーム」を導入する病院が増えています。
医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士などの医療スタッフと栄養士や管理栄養士でチームを構成し、患者さんの治療にあたるのです。
ここでは栄養士には単なる栄養の知識だけでなく、医学・薬学的な知識も必要となります。
病院の栄養士にとっては、「食」によって患者さんを治癒を助けることが何よりのやりがいなのです。

保育所・幼稚園の栄養士の仕事とやりがい

乳幼児を対象とする施設(保育所・児童養護施設・幼稚園等)で、給食管理や食育のサポートを行うのも栄養士の仕事の1つです。
食事の内容は施設の種類によ様々。昼食・おやつの他に調乳、離乳食、夕方の補食やアレルギー食等があります。

栄養士は、給食の献立(メニュー)を作成し、子どもの年齢に合わせて食事内容、食事量を変えていきます。
離乳食では一人ひとりの咀嚼(そしゃく)の様子、歯の生え方等を見て食事の形態や味付けを変えています。また、それに伴う食材発注やチェック、調理員への指示も行います。調理業務にあたることも一般的です。

その他、子どもや保護者に向けて食や栄養に関する情報の提供も行います。
給食だよりや食育だよりの作成、食育に関するイベントの計画を立てたりと、様々な業務を担当します。

保育園・幼稚園の栄養士は、子どもたちに日々の食事の大切さをきちんと伝えることが使命です。
地域や小学校栄養士とも連携をとり、子どもをとりまく環境に向けても食の教育を行います。

「食事は生涯にわたってずっと大切なものである」ことを伝えることが保育園・幼稚園栄養士にとってのやりがいなのです。


この他にも、栄養士として活躍する場・職種は様々で、それぞれにやりがいを見出すことができます。
本校の卒業生の多くも栄養士として、充実した仕事をしています。


織田栄養専門学校「就職率100%」 http://eiyo.oda.ac.jp/recruit/employment.html

学費や入学に関してのお問い合わせも随時受け付けておりますので、ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp