パティシエの待遇・収入

パティシエの待遇・収入は?

ケーキ作りが好きでパティシエになりたいけど、街で見かける洋菓子店の数は決して多くないため、「将来生活していけるのかな?」といった不安を感じる人もいらっしゃると思います。
パティシエの給料や待遇はどうなっているのでしょうか?

パティシエの給料・年収について

ホテル、レストラン、ケーキ店、カフェなど勤務場所によって多少の違いはありますが、一般的にパティシエの初任給は月15万〜18万円くらいの人が多いようです。この場合、当初の年収は200万から300万円くらいとなります。
勤務先や雇用形態によっては年収200万円に届かない場合もありますので、サラリーマンとしては就職後すぐに高給の取れる仕事とは言えないでしょう。

しかし、経験を積み、腕を磨き、仕事としての製菓に関するノウハウや実力を身につけ、一定のポジションを得ることによっては高収入も可能です。
自分でお店をオープンし、営業が軌道に乗った場合、千万単位の年収を稼ぐことも夢ではありません。

パティシエの休日・勤務時間

一般的なパティシエは、朝早くから当日の商品を製造し、夜遅くまで翌日の仕込みをするという勤務となります。
従業員の少ないケーキ店等では必然的にハードな勤務体制となります。もちろんシフト勤務でそれらの業務を担当する場合もあります。

勤務は基本的に立ち仕事で、神経を使う細かいデコレーション等から、力を使う仕事もしなければならないため、体力と強い精神力が必要となります。

また、休日は平日に週1日程度の休業日を設けているケーキ店が多い他、シフトにより休暇を取る場合が多いようです。

自分の実力が高まるにつれ、よりよい待遇の勤務先に転職する人もいます。

職場の人間関係

パティシエは職人の世界なので上司や先輩の指導は厳しい方です。俗に言う「体育会系」の場合が多いです。
しかし、同じ「製菓」という夢に向かっている仲間でもあります。
仕事の上では厳しいですが、製菓の技術だけでなく、仕事に対する心構えなど多くのことを身につけることができます。

織田製菓専門学校では、将来の夢を実現するために充実した就職活動支援を行っています。
毎年多くの卒業生が、ホテルやレストラン、街のパティスリー等に就職し、一部の卒業生は自分のケーキ店を開業した人もいます。織田製菓専門学校就職支援のページ

また、パティシエという仕事や製菓専門学校に興味をお持ちの方を対象とした体験入学も開催しています。
体験入学はお友達、保護者の方、学校の先生と一緒の参加も大歓迎ですので、お気軽にお申し込みください。織田製菓専門学校体験入学のご案内

学費や入学に関してのお問い合わせも随時受け付けておりますので、ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp