パン職人(ブーランジェ)の仕事とやりがい

パン職人(ブーランジェ)の仕事内容

パン職人の仕事はハードというイメージがありますが、実際はどのような毎日なのでしょうか。

一般的なパン屋の職人たちは、お客様の朝食に焼きたてのパンを提供するため、夜明け前から出勤して作り始め、夕方以降は翌日の仕込みをしてから帰ります。
オーブンの熱で暑い作業場で小麦粉の重い袋を運び、生地をこねて成形するなど、ハードな業務を日々こなしています。
商品としてお客様に提供するため、常に高い品質を維持した製パン実務には、確かで熟練した技術が必要となります。
新人のパン職人は、ベテラン職人の作業を補助、分担しながら、実務上の作業のコツを覚えていきます。

一人前になるには知識と経験が大事

個人経営のお店に勤務すると一人で色々な仕事を幅広く行います。
パン生地の仕込みや発酵の管理、出来上がった商品の品質チェックなども行うため、労働時間も長くなります。
また、個人経営のお店は人手が少ないことが多いので、時には接客もしなければなりませんが、パン作りと経営のノウハウ、マーケティングなどを全般的に学ぶことができるので、大変なことも多いですが、スピーディーに成長できます。

将来独立して開業する場合は、お客様の好みやトレンドを把握し、その上で採算の取れるパンを提供しなければなりません。
そのためには様々な経験ができる個人経営のお店で修行することがお勧めです。

一方、大手パンメーカーに勤務した場合、工場でのパンの製造工程は分業化されている場合が多く、個人が受け持つ仕事はある程度決まっています。機械化されている場合もあります。
一方で労働環境は整っており、休日やお給料の面でも安定しているので、勤務は楽な傾向があります。

パン職人のやりがい

自分が納得できるパンが焼き上がった時や、お客様に「美味しかった」と喜んでもらえた時にやりがいを感じることが多いようです。
自分が考えたオリジナルのパンを気に入って、遠方からわざわざ買いに来てくれるお客様がいることを知った時は、言葉にならないくらい嬉しくて、たとえ毎日ハードな勤務でも「今日も頑張ろう」という気持ちになるそうです。


織田製菓専門学校の「ベーカリー&スイーツコース」と織田調理師専門学校の「調理製菓製パン科」では学生一人ひとりの将来の方向性に沿った就職アドバイスをし、夢の実現を強力にサポートしています。
パン職人を目指す方はまずはお気軽にお問い合わせください。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp