パティシエと調理師の違いについて

パティシエとは

料理の中でも、特に洋菓子を専門とする料理人をパティシエと言います。
「パティシエ」という名称は本来は男性の洋菓子職人を指し、女性の場合は「パティシエール」と呼びますが、日本では洋菓子職人全般をパティシエと呼んでいるようです。

街のケーキ屋さん・洋菓子店から、大手菓子メーカーの生産ライン、結婚式場やホテルなど、意外に多くの現場でパティシエは活躍しています。

小規模な店では新メニューの開発から製造の全工程、販売までを1~2名のパティシエで行うことも多いですが、大きな店の場合や企業的に経営している店では焼き菓子のみ、生地のみ、デコレーションのみなど、作業を分担して行うことが多いようです。
また、レストランやカフェなど、スイーツを皿に盛って提供する場では、美しく盛りつける技術も必要で、より高い美的センスが必要になります。

パティシエになるために必ず取得しなくてはならない資格はありませんが、多種多様な洋菓子作りのレシピや技術を独学で修得してお客様に提供できるようになるのは困難です。
そこで、製菓や調理の学校に通ってベースとなる技術を充分に身につけてから就職することが一般的になっています。

パティシエと調理師

調理師免許を取得すれば、「調理師」を名乗ることはできます。
それに対して、「パティシエ」と名乗るために必須な資格はありません。
調理師免許を持っているパティシエは調理師に違いありませんが、調理師免許を持っていないパティシエは調理師とは名乗れません。

ただ、調理師免許がパティシエになる上で有利に働くかどうかは別です。
場合によっては「製菓衛生師」や「菓子製造技能士」のほうが目に留まることもあります。

一方で、将来自分のお店を持ちたいという独立志向の人で、もしレストランを開きたいと考えるなら、一般的な料理もデザートのスイーツも両方をこなせる調理師が向いているかも知れません。
もし街のケーキ屋さんを開店したいならスイーツだけを深く学ぶパティシエを目指す方が妥当だとも考えられます。

調理師は調理全般のプロであり、その技術にはデザートやスイーツも含まれますが、菓子製造に特化しているわけではありません。
実際、デザートやお菓子といったジャンルは、パティシエという専門職種が必要なほど奥が深いものです。

料理を作る人という意味では調理師もパティシエも変わりませんが、調理師は食事に類する料理を調理する人全般、パティシエは洋菓子専門の職人と考えると分かりやすいでしょう。

織田学園には織田調理師専門学校と織田製菓専門学校があり、織田調理師専門学校では調理師国家資格を取得するカリキュラムに加えて製菓製パンを学ぶ「調理製菓製パン科」を設け、料理の一環としてデザートやスイーツを手がけることのできる料理人を育成しています。
一方、織田製菓専門学校では製菓・製パンの専門技術者を養成する学校として、現役パティシエやブーランジェ(パン職人)を講師とし、現場に直結した技術指導を実施しています。

織田学園では「料理人として製菓製パンに向き合う」、「製菓製パンの専門家を目指す」...いずれのスタンスにも対応可能です。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp