調理師の志望動機、自己PRの書き方

調理師として働くためには、希望する職場に採用してもらう必要があります。採用されるには、調理師としての知識や技術があることはもちろん、志望動機がしっかりしていることや、それだけの魅力を持った人物であるかどうかなどが選考の基準となります。
 
今回は、初めて調理師として外食業界への就職を目指す方のために、志望動機や自己PRのポイントについて解説します。

どんな調理師を目指すのかをイメージする

最初に思い出したいのは、調理師になろうとおもったきっかけです。
そもそもどうして調理師・料理人を目指そうと思ったのでしょう?

例えば、「料亭や割烹などの格式のある日本料理を作る料理人に憧れて」、「学校給食の思い出から」といった何かエピソードがあるはずです。

調理師になるために学ぶ過程で、夢の方向が変わることもあるかと思いますが、「きっかけ」は志望動機や自己PRを書くにあたり大切な要素となります。
 
次に、「どのような調理師を目指すのか」を考えます。
料理人といっても料理のジャンルは広く、店舗形態もさまざまですから、可能な限り具体的にイメージします。
また、始めから就職したい会社や施設、店舗が決まっているのであれば、資料を取り寄せ、その中でどのようになりたいのかをイメージすることも大切です。

志望動機のポイント

飲食店での勤務経験があれば、その経験を志望動機の中に書き加えることをおすすめします。
また、勤務経験がなくても、調理師免許を取得するために知識や技術を得てきたわけですから、そのときのエピソードを加えてもいいでしょう。
 
そして大切なことは、履歴書を提出する職場の料理のジャンルや店舗形態に合った自分自身の思い入れです。
また、料理を作るだけではなく、料理を提供するお客さんや利用者に喜んでもらいたいという気持ちも大切です。


〇志望動機の書き方例
 
志望動機を書くにあたっては、さまざまな切り口があります。
どの切り口が正解かということはありませんが、調理人になりたいという具体的な理由が、読む人に伝わることが大切です。
以下に、いくつかのパターンに分けて志望動機の文例を挙げてみます。
 
・家族や親戚などに調理師として働く人がいる場合
例)「母が調理師として学校給食の現場で働いている姿を見てきて、私も児童の健康的な成長の手伝いをしたいと思い志望しました」
 
・飲食店でのアルバイト経験がある場合
例)「洋食屋で調理補助の仕事を1年間していました。食材の調達から調理まで、食の提供に関すること全般に携わりたく調理師免許を取得しました」
 
・お店のファンである場合
例)「以前からオーガニック料理に興味があり、貴店の食材選びに関するこだわりに深く感動し、志望しました」
 
志望動機のきっかけになる部分の次には、どのような料理人になりたいのかという就職先に合った目標を書き加えると良いでしょう。

自己PRのポイント

調理師の働く現場も分業体制をしかれている場合が多く、チームワークがとても大切です。
そのため、採用選考の上では調理や食材の技術や知識だけではなく、基本的なコミュニケーション能力も重視されます。
 
また、調理は力仕事であったり、長時間立ちっぱなしであったりすることも多いので、ある程度の体力も必要です。
そこで、自己PRには、調理に関することだけではなく、その他の基礎的な能力などについても触れると良いでしょう。

 
〇自己PRの書き方例
 
例)「飲食店でのアルバイト経験から、調理師の仕事は調理師同士や他職種のスタッフとのコミュニケーションが大切であることを学び、仕事でも実習においてもチームワークを大切にしてきました」
 
例)「料理が好きなので、就職後も休日には自分や家族のために調理し、技術の向上を目指したいと思います」
 
例)「料理に関するアイデアが豊富にあり、料理に関する○○大会で入賞したことがあります。」
 
例)「学生時代はバレーボール部のキャプテンとして、インターハイにも出場しました。チームをまとめる力や、継続的に努力する力、体力にも自信があります」

自分が相手にアピールできることを分かりやすく伝えることが大切です。
もちろん嘘を言うわけにはいきませんので、学生のうちに「自己PRのネタ」を作っておくことも必要なことかも知れません。
せっかく調理の現場に出るのですから、アルバイトも飲食店で行なったり、将来の仕事にいかせる趣味を持つなどすると、自己PRに説得力がプラスされると思います。
就職活動を進めるにあたって、はっきりとした将来ビジョンを持っていることや、それに向かっての努力などを示せることは、信頼に繋がります。
自信を持って就職活動をするためにも、どのような調理師を目指すのかという目標をしっかりイメージしておきましょう。


織田調理師専門学校では、入学後すぐから「就職」を意識した様々な取り組みをスタートさせています。
現場で活躍する多くの先輩の話を聞いたり、授業の一環として現場で実習を行う中で、目標となる自分の将来のビジョンを把握できるようにサポートしていきます。

せっかく調理師の道をめざし、専門学校に通うからには、是非希望の就職を叶え、ヤリガイをもって仕事に取り組めるように頑張ってください。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp