栄養士・管理栄養士の様々な就職先

栄養士や管理栄養士は、学校や医療機関などが主な就職先ですが、健康やダイエットなどへの関心の高まりの中で、活躍の場は広がっています。
 
栄養士、管理栄養士の多岐にわたる就職先について。栄養士、管理栄養士以外の、持っていると選択肢が広がる資格について説明します。

栄養士の主な就職先

栄養士は、法律において配置を義務づけられている施設が多く、病院や福祉施設、給食を提供している学校、一定以上の数量の食事を提供する企業や寄宿舎等が主な就職先です。
これらの職場における仕事内容は、献立の作成や食材の管理、調理場の衛生管理、調理、配膳と幅広くあり、自分自身の特性に合った職場を選ぶことができます。
 
また、企業が従業員の福利厚生の一環として受け付ける栄養相談や、ドラックストアや健康食品メーカーなどが行っている栄養相談や指導といった職種に就くケースもあります。

管理栄養士の主な就職先

管理栄養士は、医療関係に就職する場合には、比較的栄養士よりも有利になる場合が多いです。
栄養士と同様に法律で配置を義務づけられている施設があり、特定機能病院や保健所、管理栄養士・栄養士の養成施設等が主な就職先として挙げられます。
 
仕事内容としては、栄養指導、離乳食指導、給食施設への巡回指導、栄養士が作成した献立のチェックなどがあります。
また管理栄養士は、企業で商品開発などに携わることや、研究職として採用されることもあります。

就職・転職の際に役立つ関連資格

栄養士や管理栄養士の就職先は元々が多岐にわたるものですが、他の資格も合わせて持っておくと、より幅広い職種での就職に活かすことができるでしょう。
 
・食育栄養インストラクター(全国栄養士養成専門学校協議会認定)
食育の推進に貢献することを目的とした資格です。養成施設(専門学校)にて食育栄養インストラクター資格認定に必要な授業科目を受講、もしくは受講見込みであることが受験要件となっています。
 
・介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)
福祉関連での就職を希望される方は、介護職員初任者研修を取ると有利になる場合があります。介護職員初任者研修は、130時間の研修と修了試験への合格で取得することができます。

この他、例えば仕事では表計算ソフトを使う機会が多いので、PC関係の資格も取得しておくと、より職場で重宝される存在となれるかもしれません。

栄養士と管理栄養士、それぞれで就職先はどのように変わってくるか、具体的にどういった仕事に就くのかは、特にまだ勉強を始めていない時点では分かりにくい部分もあるかと思います。
 
しかし、どんな仕事に就きたいかを先にイメージしておいた方が、より勉強にも力が入るものです。
どのような就職先があるのか、だいたいでも把握しておくようにしましょう。


織田栄養専門学校では、入学直後の宿泊研修の時点から就職を意識した活動を開始し、ガイダンスや面談等を重ねる中で学生個々の適性や希望に沿った就職先検討をサポートしています。

せっかく栄養士としての専門知識と技術を身につけ、国家資格を取得したからには、栄養士として就職して欲しい....。
単なる就職率ではなく、栄養士就職率100%を実績として達成しています。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp