フリーランスの栄養士の仕事

栄養士は、企業や自治体から雇われるだけではありません。
ケースとしては多くないですが、自分自身で開業し、フリーランスになるという方法をとることもできます。
 
今回は、フリーランスの栄養士になる方法や、フリーランスになることのメリット、デメリットなどについてご紹介します。

フリーの栄養士になる方法

フリーランスの栄養士として活動する上で、特別な資格は必要ありません。
ただし、これはどの業界でも同じですが、何の経験も無い、資格を取得しただけの人がフリーランスになることは困難です。
フリーランスになるためには仕事を依頼してくれるクライアントが必要ですし、独立して商売をするための様々な経験値が必要です。
 
フリーの栄養士として仕事をするためには、まずは就職をして栄養士としての経験を積むことが重要です。
さらには、単なる栄養士としての知識だけではなく、例えば漢方や薬膳といった食や健康に関する知識、食環境の改善に役立つ色彩の知識、フードビジネスに関する知識など、活躍したいと思う分野についての知識を、習得しておく必要があります。

また、フリーランスとしてビジネスを始める際には、税務署に開業届を提出する必要があり、個人事業主として必要な帳簿類を整えなくてはなりません。これらの経営的な事務にについて、自分自身で行うのか、専門家に依頼するのかなど、考えなくてはならないことがたくさんあります。

フリーランスのメリットとデメリット

雇い主のいないフリーランスには、ある程度の自由がある一方で、責任も生じます。
そこでフリーランスの栄養士のメリットとデメリットについてご紹介します。
 
[フリーランスの栄養士のメリット]
 
・勤務日や勤務時間を自分で決めることができる
育児や介護で忙しい時期など、決まった時間に出勤することが困難なこともあるでしょう。
フリーランスであれば、自分の予定に合わせて仕事を組むこともできます。
 
・自分自身で報酬額を決めることもできる
月収や時給制と違い、1案件ごとに報酬を決めることができます。
 
・仕事を選ぶことができる
仕事内容を選んだり、自分自身で創りあげたりすることができます。


[フリーランスの栄養士のデメリット]
 
・収入が不安定
毎月の収入に、どうしても波が発生することがあります。
イベントなどで仕事をセーブしたりすると、その分収入も減ります。
 
・仕事を休めない
一度仕事を引き受けると、基本的にキャンセルはできません。
また、キャンセルしたとしても信用問題に関わるので、次回以降の仕事に響くこともあります。
 
・営業活動もしなければならない
栄養士としての仕事をこなすだけではなく、既存の仕事との兼ね合いも考えながら、営業活動を行う必要があります。
自分で受注しなければ仕事はないのです。

フリーランスでの仕事の探し方

仕事がなければフリーランスとして成り立ちません。
フリーランスにとって必要なのは、栄養士としての実力はもちろんのこと、ビジネスにおける人脈がとても重要です。
 
すでにフリーランスとして活躍されている方と交流の機会を持ち、手伝いをしたり、仕事を紹介してもらったりするのも1つの方法です。
また、食生活や健康、美容等に関するコラムライターとして活動する道もあります。
この場合には、インターネットで仕事を探すことも可能です。

様々な情報に常にアンテナを張り、社会が必要としている情報を栄養士としての専門知識をベースに発信していく中で、徐々に業界内でのパイプを作り、安定的に仕事を請け負えるようにしていけば、フリーとして生計を立てていくことも可能になるでしょう。

厳しい環境であることは間違いありませんが、その分きっとヤリガイも大きいはずです。
フリーランスの栄養士として生計を立てていくためには、時代の変化に応じたさまざまな勉強を継続的に行っていくことが必要です。

メリットだけではなくデメリットも伴うので、よく考えてから目指すことをおすすめします。

織田栄養専門学校の卒業生の中にも、数は少ないまでも、独立起業している人がおります。
もちろんそこまでには勤務していた企業で確実に実績と経験を積み上げていくことが大切です。

全ての道は「栄養士として社会に出る」ことからスタートします。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp