引っ越しをする際に必要な手続きや費用について

一人暮らしをするには、まずは引越しをしなければ始まりません。
初めて引越しをする方は特に、手順をしっかりと頭に入れた入念な準備が必要です。
 
こちらでは、一人暮らしをするうえで知っておきたい、引越しの基本について紹介します。

引っ越しにかかる費用について

引越しをする際、業者を利用するか、自力で引越しするかによって費用には差が出ます。
 
ご家族や友人が引越しの手伝いをしてくれる場合は、荷物を入れる段ボールの他は、レンタカー代や高速代等の運搬・移動費用が必要です。
レンタカーは1日で7千円~2万円程度です。交通費は移動距離によって異なります。
また、手伝ってくれた友人に食事を振る舞うなどの経費も必要です。

もちろん、自家用車を利用し、段ボールもスーパーなどで無料で入手するなどして節約すれば、ほぼ費用をかけずに引越すことも可能です。運ぶ荷物を極力減らすことで節約することが可能なのです。
 
引越し業者を利用する場合は、まず見積もりをしてもらう必要があります。
単身引越しの相場は、3~6万円程度。
移動距離によっても異なりますし、業者によっても異なりますから、複数の業者に見積もりをして比較するといいでしょう。

引っ越しの流れ

引っ越し業者を利用する場合は、どのような流れで引越しが行われるのでしょうか。
一般的な例をご紹介します。
 
見積もり
どういった物を、どの程度運ぶのか、見積もりを行います。
自宅に来て見てもらうことがほとんどですが、業者によっては電話で済むこともあります。

引越し準備
引越し日程が決まったら、それまでに準備をしましょう。
業者が段ボールを用意してくれることが多いので、その段ボールに詰めていきます。ガラスや陶器などの壊れ物はそれと分かるようにしておきましょう。
準備中には、引っ越し先での電気・ガス・水道等の手続きも忘れずにしておきます。各事業者のWEBサイト等を確認して、適切に手続きを済ませておかないと、引っ越し早々不自由な思いをすることになってしまいます。

引越し当日
準備が万全であれば、当日本人はただ見ているだけでもOK。
荷物は全て業者のスタッフが運んでくれます。
運び忘れがないか、最後には自分の目できちんと確認します。

引っ越しに伴って必要となる各種手続き

引越しをする際、忘れてはいけないのが、転居関連の手続きです。
忘れてしまうと、生活がスムーズにスタートできない場合があるので、出来るだけ早めに済ませておきましょう。

転居手続き
引っ越し前に、「転出届け」を役所に提出し、「転出証明書」を発行してもらいます。
引っ越してから2週間以内に、新居の市区役所に「転入届け」を提出しましょう。

運転免許証
運転免許証を持っている方は、役所で住民票を取得し、管轄の警察署で住所変更を行います。
免許証が身分証明書になることが多いので、早めに変更しておいた方が良いでしょう。

郵便物の転居届
引っ越してからしばらくのうちは、以前の住所に郵便物が届くことがあります。
宛先不明で送り返されないよう、郵便局に「転居届」を出せば、一年間は無料で新住所に転送してくれます。
引っ越し先からでは反映されるまでに数日を要するので、引越し前に済ませましょう。

ライフラインの手続き
水道、電気、ガスなどの手続きをします。立ち合いが必要なことも多いので、一週間前には済ませましょう。

インターネット回線の手続き
工事が必要となることが多く、一カ月前の申し込みを推奨している会社が多いです。
引越し先が決まったらなるべくすぐに連絡をするようにしましょう。

その他
自分の名義で契約しているものについては住所変更をしないと請求や通知が転居前の住所に届いてしまいます。
継続して利用する上では住所変更などが必要です。事前に確認しておきましょう。

一人暮らしをするために、避けられないのが引越しです。
引越しは単に荷物を移動するだけでなく、様々な手続きをしなければいけないので、事前に自分に必要な手続きや引っ越しの段取りをきちんと把握しておきましょう。

一般のアパートやマンション、学生会館や学生マンション等、上京して住む予定の物件によって、引っ越しの段取りも変わってきます。
引っ越しが済んだ後も、両隣の部屋の方への挨拶や、スーパーやコンビニ等の生活に必要な様々な場所の把握など、やらなくてはならないことは沢山あります。

気持ち良く新生活をスタートできるように、計画的に引っ越しをしてください。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp