女性が一人暮らしをする上で気をつけたい防犯対策について

一人暮らしでは家族と暮らしていた時以上に防犯を心がける必要があります。
男性の中には、これまで戸締りにもそれほど気を遣わなかった人もいるようですが、都内で一人暮らしをする上では一定の防犯対策が必要です。
特に女性は、危険から身を守るためにも、防犯対策は徹底して行うようにしましょう。

ここでは、一人暮らしの女性におすすめの防犯対策についてご紹介します。

女性の一人暮らしがバレてしまうNG行動

若い女性が一人で住んでいる住居は、犯罪の対象になりやすいといわれています。
防犯のためにも、まずは「女性の一人暮らし」だということが外にばれないようにしましょう。
すぐにばれてしまうNG行動を以下にまとめてみました。
 
洗濯物
若い女性物の服、かわいらしいタオルやシングルの布団カバーなど、見るからに「若い女性の一人暮らし」が判断できる洗濯物は外から見える場所に干さない方が安心。
どうしても外で干したい場合には、男性物の下着なども一緒に干しておくといいでしょう。
 
表札
一人暮らしを始める前には、かわいい表札に憧れる女性も多いしょう。
しかしかわいい表札のデザインは、女性の一人暮らしをアピールしているようなもの。
フルネームでの表札は持ってのほかです。
名字のみにするか、表札は付けないようにしましょう。
 
カーテン
光をしっかり通してしまうようなカーテンは、夜、外から中の様子を覗きやすいので注意が必要です。
光を遮断する遮光カーテンで、外からの目を防ぎましょう。
 
公共料金の支払い
いつも同じコンビニで公共料金を支払うのは危険。
引き落としにするか、コンビニを変えるなど、近所に住む一人暮らしの女性だということを、勘付かれないようにしましょう。

最低限しておきたい防犯対策

女性の一人暮らしで、最低限しておきたい防犯対策をまとめてみました。
 
施錠はチェーンまでしっかりと
部屋に入ったららすぐにドアを閉め、鍵をかけましょう。
鍵はは、チェーンまでしっかりと閉めることを忘れないようにします。

窓はなるべく開けない
窓を開けていないときには、鍵まで閉まっているかチェックを。
また、窓を開けたまま寝るのは絶対にやめましょう。
たとえ上階でも、開け放たれた窓は、侵入者にとっては恰好の入り口です。
暑い夜でも、窓とカーテンを閉めてエアコンや扇風機でしのぐようにしましょう。
電気料金よりも、自分の身の安全の方が大切です。
 
郵便受けには鍵を
犯罪者は郵便受けから部屋の番号と個人情報を特定します。郵便物を盗み見られないように、郵便受けは鍵をかけましょう。
鍵がついていない場合は、ホームセンターなどで南京錠などを購入すれば付けられます。

1つ1つの小さな手間が犯罪を未然に防ぐ上で大きな役割を果たすのです。

生活する上で気をつけたい点

住居で防犯対策を徹底していても、生活の中で犯罪の対象になってしまうことがあります。
生活する上で、気をつけたいことが以下です。

帰り道に気をつけよう
学校やバイト先からの帰り道は、なるべく明るくて人通りの多い道を選びましょう。
また、電話や音楽を聴きながら歩いていると、近づいてきている足音に気づきにくいので、どうしても暗い道を歩かなければいけないときは、ヘッドホンやイヤホンは外して、周囲に気を配るようにしてください。

不用意にドアを開けない
宅配業者が来るときには、事前に送り主から連絡が来るはずです。
宅配業者が来ても、送り主がわからないときには不用意にドアを開けないようにしましょう。
ほかにも、「メーターの調査」「水道の点検」などといってドアを開けさせる不審者もいるので、来客の際はインターフォンやドアスコープごしにしっかりと確認するように。
ドアを開ける際には、まずはチェーンをしたまま開けるようにしてください。

SNSの設定に注意
TwitterやFacebookなどのSNSは、位置情報が公開される設定になっていることがあります。
一人暮らしだと知られていると犯罪者に狙われかねませんので、SNSの公開設定には要注意です。
毎日決まった時間にツイートすることで生活パターンを把握されたりすることもあるので気を付けましょう。

一人暮らしの女性に役立つ防犯グッズ

一人暮らしの女性がぜひ持っておきたい防犯グッズを以下に紹介します。

ガラス用防犯フィルム
窓ガラスを割って侵入されることを防ぐためのグッズです。

窓サッシ用補助ロック
サッシの上や下に、補助ロックを付けておくと窓からの侵入を防ぎやすくなります。

玄関用補助錠
1ドア2ロックが理想。賃貸の場合はドアに穴を開けられないので、補助錠がおすすめです。

携帯サイレン(防犯ブザー)
外出時、不意に不審者と出会ったときに活用できるのが、携帯サイレンです。
大きな音で相手をひるませることができます。
女性の一人暮らしは、犯罪から自らの身を守るため多くの防犯対策が必要です。
その対策の多くは、「対策に気を配っている家だな」と思わせることで抑止効果も生むものです。

トラブルに巻き込まれないためにも、未然に犯罪を防止する対策を心掛けてください。


遠隔地から織田学園の各校に入学する学生の多くも都内で一人暮らしをしています。
アパートやマンション、学生会館、寮など様々な住まいで暮らしていますが、各自が「自分の安全は自分で守る」という意識をもって生活しているようです。

特に女性は犯罪の被害者になりやすい傾向がありますので、日々の生活を楽しく過ごすためにも、日頃の防犯意識が大切です。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp