織田学園 >  コラム >  ファッション・きもの関係 > ファッションの仕事に関わる資格

検索結果

ファッションの仕事に関わる資格

ファッション分野の資格いろいろ

ファッション業界は、「技術」や「センス」といったいわゆる腕がものをいう世界。
感性や職人気質的なイメージがあるため、ファッションに関する資格や能力検定などは少ないのでは?と思われるかもしれませんが、実は、色々な検定や資格があります。

ファッション教育の充実・発展・振興を図る目的で設立された「一般財団法人日本ファッション教育振興会」が主催・認定している検定試験だけでも以下の5つがあります。
「ファッションビジネス能力検定」
「パターンメイキング技術検定」
「ファッション販売能力検定」
「ファッション色彩能力検定」
「洋裁技術検定」

その他に、色彩検定や繊維製品品質管理士、テキスタイルアドバイザー、編物技能検定などもあります。
ファッション分野には基本的に国家資格は無いので、これらはいずれも民間資格・検定となります。

主な3つの検定試験と資格

ここではポピュラーな3つの検定資格について具体的にご紹介します。

【ファッションビジネス能力検定】
ファッションビジネスに関するスペシャリストとして評価する検定です。
商品企画から生産、流通にわたるまで、ファッションビジネスの世界で活躍するために必要なファションビジネスやファッション造形に関する専門的な知識や技術、能力を1~3級という段階でそれぞれ証明する資格となります。

【パターンメイキング技術検定】
流行の最先端をリードするファッション業界において、デザイナーのイメージを的確にパターン(型紙)にするのがパタンナーの仕事です。
デザイナーがデザインしたラインや形を的確・正確に表現するパターン製作の技術・能力や、ファッションに関する技術と知識を評価する検定です。
基礎的な3級から、高度な知識と技術を持ちプロのパタンナーとして指導的な能力を発揮できるレベルの1級まで、段階的な資格内容になっています。

【ファッション販売能力検定】
ファッション販売の世界で活躍する際に必要となる基本的な知識 ・技術から、ショップ(お店)の運営管理ができるレベルまでの、3段階で検証する検定です。
1級はショップのマネジメントや運営、販売を任せることのでき るレベルを対象に、販売計画、バイイング、在庫管理、利益管理、宣伝・販売促進、人材育成、売場演出などの力を問います。
2・3級は、ファッション販売知 識、ファッション・マーケティング知識、ファッション販売業務、ファッション販売技術、店舗演出・VP展開、ファッション商品知識」といった、実際に販売 スタッフとして働く上での知識・技術を検証します。

専門学校の学科、専攻によって、これらの資格取得がカリキュラムに組み込まれている場合もあります。

専門学校ならではの資格もあります

准教員認定証
専門学校ならではの資格があります。
それは「一般財団法人職業教育・キャリア教育財団」が認定する「専修学校准教育資格」です。
財団が指定する研修を受講することにより認定を受けることができます。

ファッションに関わる仕事として、いずれ後輩たちを指導・教育したいと考えている方はこの資格を取得しておくことがプラスになります。教員として必須の資格ではありませんが、本校の教員の多くも保有している資格です。

織田ファッション専門学校でも、就職活動を踏まえて、在学中に出来るだけ多くの資格・検定を取得することを推奨しています。
パターンメイキング技術検定や洋裁技術検定など、身に着いた技術を客観的に証明することのできる資格は、就活のエントリーシートを記載する上でも大きなポイントになります。

検定が近付くと、通常の授業後に希望者向けに特別講習を実施するなど、合格に向けてのバックアップ体制も整っています。
結果、パターンや洋裁などの技術系検定については都内の専門学校の中で高い合格率を実現しています。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp