織田学園 >  コラム >  調理・栄養・製菓関係 > 栄養士免許を取ると出来ること

検索結果

栄養士免許を取ると出来ること

栄養の管理・指導を行う

栄養士とは、都道府県知事の免許を受け、「栄養士」の名称を用いて栄養指導などを行うことができるスペシャリストです。
栄養士免許を取ると、専門知識に基づいて、個人や集団に対して栄養管理や、栄養指導を行うことができます。

多くの人は、普段、好きな物を食べ、好きな物を飲んでいると思います。そんな日常の中では食事管理や食事指導の重要性に気づきにくいかもしれません。

しかし、私たちのカラダは、毎日の食事や運動、睡眠によって作られています。
中でもカラダを作る材料を摂る食事はとても重要です。
お菓子ばかり食べる、野菜が不足する、脂っこいものばかり摂る……という偏った食事をすれば、体に多かれ少なかれ変調をきたすことになりかねません。

そこで、健康なカラダ作りに「バランスよい食事」が推奨されています。
これは「その人にとって必要なエネルギーや栄養素をバランスよくとれる食事」を指していますが、実際にバランスよい食事を摂るためには、食物や栄養素に関する幅広い知識が必要です。

栄養士の免許を取得するというのは、食物と栄養素、そして健康に関する専門知識を持っているという証明です。
ですからこの栄養士免許をとると、具体的な栄養管理、栄養指導ができるわけです。

栄養士は責任も重大

栄養士は単に食品の栄養バランスに関する知識があるだけではありません。
成長期の子ども、妊娠中の女性、高齢者、スポーツマンあるいは生活習慣病を予防したい人など、それぞれに必要な栄養素を、食べやすく、美味しい食事メニューとして提案しなくてはなりません。
病院では、医師や看護師、薬剤師とチームを組み、患者の病態に最適なメニューを決めます。

給食の現場では、献立作成や調理作業、栄養指導をするだけでなく、衛生管理も重要な業務です。

また、栄養士の実務は盛り付けや献立作成、食事指導などですが、給食の現場などでは調理員といっしょに調理作業をすることも多々あります。
栄養指導の際には、その人にとって必要な栄養を知るために、個別のカウンセリングを行います。
たとえば、肥満や糖尿病や拒食症などは、栄養状態や食行動までを含めて病気の原因になっています。
この場合、栄養指導は病気そのものを治療していくことに直結するので、医師とともに大きな責任を担う重要な仕事なのです。
織田栄養専門学校では卒業と同時に栄養士国家資格が取得可能です。
多くの卒業生が有資格者として、食と健康のプロフェッショナルとして、専門職の道を歩みだしています。


織田栄養専門学校「卒業生Voice」 http://eiyo.oda.ac.jp/recruit/voice.html

学費や入学に関してのお問い合わせも随時受け付けておりますので、ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp