フリーランスの栄養士の仕事

栄養士と管理栄養士は、両者とも「栄養」に関わる職種であることは、イメージできるかと思いますが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。
栄養士と管理栄養士に関する法律や資格取得方法、活躍の場の違いを紹介します。

栄養士と管理栄養士の定義

栄養士と管理栄養士の違いは、栄養士法から知ることができます。
栄養士法とは、栄養士と管理栄養士のそれぞれについて、免許の取得方法や登録方法、罰則についてなどが定められている法律です。
特に今回は、栄養士法の第一条を元に、栄養士と管理栄養士にはどのような違いがあるか見てみましょう。
 
・栄養士とは何か
栄養士法には、栄養士の定義として、次の2つのことが書かれています。


「都道府県知事の免許を受けて」
「栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者」
 
・管理栄養士とは何か
栄養士法には、管理栄養士の定義として、次のことが書かれています。


「厚生労働大臣の免許を受けて」
「傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導」
「個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導」
「特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導」


この内容を見ても、管理栄養士の方が、より高度な内容を取扱い、免許の交付元も栄養士が都道府県知事なのに対して、管理栄養士は厚生労働大臣だということがわかります。

資格の取得方法の違い

・栄養士の取得方法
栄養士の資格を取得するためには、厚生労働大臣が指定した栄養士養成施設で所定の教育を受ける必要があります。
栄養士養成施設(専門学校、短大、大学)は、2年制、3年制、4年制とありますが、栄養士の資格を取得するだけであれば、いずれを選んでもよく、2年制の場合が多いです。
なお、現在のところ、全日制の昼間部のみとなっており、通信制や夜間部はありません。
 
・管理栄養士の取得方法
4年制の管理栄養士養成施設(課程)を卒業し、国家試験を受験する方法(栄養士の資格も同時に取得できる)と、2年制~4年制の栄養士養成施設を卒業後、所定の実務経験を経て受験する方法があります。
後者であれば、2年制養成施設出身者なら3年以上、3年制出身者なら2年以上、4年制出身者なら1年以上の実務経験が必要となります。

現在のところ栄養士に関しては国家試験が無いので、栄養士免許を取得する方法は養成施設を卒業するしかありません。
また、管理栄養士は4年制課程を卒業しても国家試験を受験しなくては取得できないことになっています。

栄養士と管理栄養士の活躍の場

栄養士と管理栄養士の定義の違いから、栄養士は健康な人の栄養指導を行うことができ、管理栄養士は療養のために必要な栄養指導を行うことができることがわかります。
そして、これらにより、栄養士と管理栄養士の活躍の場が異なることもイメージできるかと思います。
 
・栄養士が活躍している場所
企業の食堂や給食を提供する小中学校、保育園、幼稚園。
そして食品や健康に関連する一般企業や保健所、保健センター、病院や福祉施設などが栄養士の活躍の場です。
 
・管理栄養士が活躍している場所
管理栄養士は、栄養士よりも医療機関での需要が多くなります(栄養士でも勤務はできるものの、管理栄養士よりも対応できる業務の幅が狭くなる)。
 
また、法律により、医学的な管理を必要とする者に食事を供給する特定給食施設であって、1回300 食以上又は1 日750 食以上の食事を供給するか、特定給食施設であって1回500 食以上又は1 日1,500 食以上の食事を供給する施設では管理栄養士の配置を義務づけられています。
管理栄養士は栄養士の上位と位置付けられている資格です。
自分のキャリアアップを考える中で、将来的に管理栄養士を目指すにしても、まずは栄養士の資格を取得して、現場経験を積んでからという考え方もあります。
管理栄養士課程が4年制であるという点も踏まえ、自分のしたいこと、かかる年数や費用などから、進むべきルートを検討してみましょう。


織田栄養専門学校の卒業生の多くが、所定の実務経験を経た後に国家試験を受験して管理栄養士へとステップアップしています。

働きながら学ぶのは簡単ではありませんが、自分の一生の仕事として考えた時に、キャリアアップを目指すことはとても大切です。

まずは「栄養士」として就職し、進むべき道を見極めた上で「管理栄養士」を目指すのでも決して遅くはありません。

学校法人織田学園 入学相談課 TEL 03-3228-2111 E-mail info@oda.ac.jp