進路・進学コラム

「夢に向かって」*新入生アンケートから

 

今年の新入生にアンケートをとった結果から感じたことを。

 

織田調理師専門学校と織田製菓専門学校の新入生へのアンケートの中に「料理・お菓子作りに興味を持ったのはいつ頃ですか?」という設問がありました。 その結果は画像の通りです。

 

ちょっと分類が分かりにくかったかも知れませんね。来年は改善します。

 

 

結果を見ると、「高校に入学してから」と「高校3年生になってから」を足しても25%程度。実に7割以上の人が中学生以前には既に興味を持っていたという結果でした。

 

言い換えればそれは「子どもの頃から興味があった」ということです。

 

この「料理人」「パティシエ」「パン職人」を目指す人達の多くは「子どもの頃からの夢」に向かっているということなのです。*少なくとも織田学園で目指そうとしている人は。

 

これって、とても素敵なことだと思います。
もちろん、目標を立てるのに遅すぎることはありません。高校から、例えば高校3年になってから決めたって全く問題ありません。そもそも「目標を決められる」こと自体がすごいことだからです。

 

このコラムを書いている私は、子どもの頃に「将来やりたい仕事」「なりたい職業」なんて全く考えられませんでした。
高校3年生になっても決めることは出来ず、その結果として一般的な大学に入り、就活をし、合格した企業に入社するという流れで進んでしまいました。
今はこうして織田学園で働いていますが、この仕事は特に「子どもの頃からやりたかった仕事」ではありません。むしろ考えてみたこともなかった仕事です(笑)

 

その点で、自分の夢に向かって真っ直ぐ進もうとしている織田学園の各校で学ぶ学生の皆さんを尊敬しますし、とても羨ましく思います。

 

「子どもの頃からの夢を仕事にする」…って、そんなに誰もが出来ることではないと思うのです。

 

もし、あなたに「夢」があるのなら、既にその時点で一歩先に進んでいます。
是非その夢に向かって進んでみてはいかがでしょうか?

 

応援します。

 


 

学校法人織田学園の【理念・方針】は「変わりたいに、応えたい」です。

 

今までの(高校までの)生活の中に後悔があったり、新たな進学先で心機一転して頑張りたいと思っているなら、是非一歩踏み出してみてください。

 

織田学園はそんなあなたをバックアップします。

 

Contact usお問い合わせ

学校法人織田学園
総合受付

03-3228-2111

受付時間9:00 - 17:00